謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

浜松市東区、骨盤矯正、整体

★直3エンジン_なぜ3気筒が増えている? [トヨタ][ヤマハ][BMW][メルセデス][ルノー][WV][プジョー][ダイハツ][トライアンフ]


【源氏物語①】ロイヤル・サクセス・パニックラブストーリー


世界の可変翼機《前編》 1930~60′ 開発史


本当の意味を知ると…ガチ震える雑学10選


【ゆっくり解説】その轟音で鼓膜が破れる 人類の歴史に残る最大の爆発音を記録したクラカタウの噴火


ツェツェバエは卵を産みません。 母乳を飲ませて育てた OOOを産みます!



整体の骨盤矯正


骨盤矯正


最近「骨盤矯正」と言うのをネットや週刊誌やテレビで見ることが多くなりました。 「骨盤矯正」とは、どんなものなのか分かっている人は少数です。 「骨盤矯正」はなんなのか解説してみます。 「骨盤矯正」のことを知って、間違いない骨盤矯正を受けることができるようになります。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!


骨盤は左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその中間にある仙骨、それに仙骨の尖端についている尾骨からなります。 整形外科などの病院の治療では一般に骨盤の修正はなされません。 なぜかと言うと、病院では骨盤は歪まないと思われていて「骨盤」がふんだんの生活で歪み、そのことが身体機能の不調の原因になることはないと考えているからなのです。 (だが一部の整形外科では「骨盤」の修正を独自のやり方でしている整形外科も少ないながらもある)。 例外として、交通事故や高い所から落下したときのように強い力が骨盤にくわわり骨盤の関節が大きくズレた場合(骨盤の関節の脱臼、捻挫みたいな状態)、元の状態に戻すように「骨盤」を治療する場合があります。 この場合、手術のようなかたちで骨盤の施術をされることが多いみたいです。 また産科では、出産後に骨盤の関節の緩みを改善するように骨盤を閉めつけて固定する骨盤ベルトのようなものを奨める病院があります。  

骨盤は歪むのでしょうか?


一般的な医療では骨盤は歪まないと言われ、整体などでは骨盤はズレると言われ、いったいどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそのような違いがでるのかを解説してみようと思います。 まずは、整体でいうところの骨盤が歪むというのは病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼みたいにレントゲン写真などの画像診断でわかるようなひどいズレは扱いません。

一般の医療では?


産婦人科などの一般医療では、レントゲンなどの画像で分からないくらいのズレは痛みなど身体の不調の要因になりえないと考えます。 これ以外にも骨盤の可動性はわずかで例外的に出産するときに開くくらい。 中年以降は腸骨と仙骨はくっついてしまうため「骨盤」は通常動くことは無いと考えているようです。

骨盤の矯正と整体


整体でおこなう骨盤矯正は、普段の治療で「骨盤」の少しのズレを治療したのちに患部の症状が改善されるのをよく目にします。 現実に骨盤の仙腸関節の周辺には筋肉、靱帯、神経が存在しちょっとの歪みでも神経、筋肉、靱帯、を充分刺激します。 MRIやレントゲンのような画像診断で歪みが写らなくても「骨盤」がズレていてそれを施術する必要があると整体で考えるのはこのためです。

痛みの原因は骨盤の歪み


ひずんだ骨盤は、いろいろな異常を体に出現させます。 骨盤が歪むと骨盤に乗っている脊椎が湾曲します。 背骨がズレると背骨の中に入っている血管や神経、体を保持する靱帯や筋肉、全身の臓器に血液を送る血管に負担がかかります。 これらは、全て身体にとってすごく重要なものでどれが侵されても肉体に障害が起きてきます。

骨盤が原因の身体の異常


背骨がひずむと背骨から出ている神経機能が狂います。 内臓の異常や運動機能の障害など肉体のいろいろな部分が神経の情報でコントロールされているので、全ての体の異常に関わってきます。

筋肉、靱帯、関節にかかる負担


歪んだ肉体は、関節、筋肉、靱帯に異常な負荷がかかる為、慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動機能の低下とかももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良


体のズレによって血管を圧迫されることで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの要因になります。

整体の骨盤矯正


手技療法などによる整体の骨盤矯正は主に手によってなされます。 矯正器具や矯正ベッドを使う場合もありますが、一般的には手で行います。 また、コルセットのような骨盤を圧迫する道具も使用する事もあるようです。 ふつう施術の痛みは無いのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理に治療をする方法を用いる治療師もいる。 正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域は非常に狭く大きく動くことはありません。 この少ない動きを矯正により動かすので、普通は大きな力を用いることはない。

整体で行っている骨盤矯正


骨盤の仙骨と腸骨の関節は靱帯や筋肉で強く繋がっていますが、筋肉や靱帯などの柔軟性のゆるす範囲でしか骨盤の関節は可動することはできません。 「骨盤が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってヒップも小さくなってスタイルが良くなります」なんてことをテレビ、ネット、雑誌で見ますが、騙されないように。 骨盤にどんなに力を加えても見た目で分かるだけの動きはしません。 こんな広告をする「整体」では「骨盤」の上に乗っかるなどして大きな力を加えるなどして矯正します。 大きな力を加えれば見た目でも分かるくらい可動すると思う人もいるかもしれませんが、見た目で分かるほど動いたときは骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える靱帯や筋肉の柔軟性の限度を超えてしまう為、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。 治療した後に変わったと思う方もいるようですが、プラシーボ効果みたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。 骨盤の仙腸関節に損傷がなければ骨盤が見た目で変化が自覚できるほど可動していることはない。 逆に目に見えて動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙腸関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、腸骨と仙骨の間の関節の痛みが発生しているはずです。

産後の骨盤矯正


例外的に「骨盤」が通常以上に動くことがある。 それは出産する時です。 出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節がゆるみ骨盤が、広がるように動きやすくなったりします。 出産時には恥骨間が2㎝ほど開きますが、出産時以外では「骨盤」の仙腸関節はこのような柔軟性はありません。 出産時でもそんなに大きく可動しない骨盤が、眼で見て分かるほど治療で大きく可動することはありません。 歯列矯正のように数年にわたって力を加え続けるようなコルセットなどを使えば徐々にですが矯正していく事はできるでしょうが現実では無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!


「整体」でおこなう骨盤矯正は体形などを変化させるものでなく肉体をバランスのとれた健康な状態に整えることが目的なんです。 「骨盤」の仙骨と腸骨の関節はわずかなズレでも痛みを発症することもあるし、骨盤のちょっとの歪みを体全体を歪ませ健康に大きな影響を与えます。 「骨盤」を整え身体をバランスのとれたいい状態に保つことで、健康を保って凝りや痛みを解消します。 もしも骨盤がズレていると思ったら「骨盤矯正」をしてみるのもいいとおもいます。 骨盤は身体の基礎です。 骨盤が傾けば体全体が傾ていしまいます。 健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体矯正法はとても効果的な手助けになる。
浜松市中区、骨盤矯正、整体