逕」蠕後・鬪ィ逶、

浜松市南区、産後の骨盤矯正

愛人 / テレサ・テン


【閲覧注意】史上最悪!ガンダムのトラウマ兵器TOP8【ゆっくり解説】


【ゆっくり総集編】実はとんでもない食べ物!バナナ、アボカド、パーム油解説の総集編【うわさのゆっくり解説】


【2ch面白いスレ】爆笑!笑えるコピペ111連発!作業用BGM・聞き流しに イッチを笑ってください【ゆっくり解説】


森の一軒家に侵入した強盗。 中を覗いて慌てて逃げようとしますが、すでに手遅れでした。


【ホンビノス貝】食べ方 超簡単



出産後の骨盤矯正


産後の骨盤矯正を受けたいと思いますか?


出産後に受ける産後骨盤矯正を知っていますか?最近子供を出産された方で知らない人達はいないんじゃないでしょうか?産後の「骨盤矯正」が聞かれるようになったのは、30年くらい前からでしょうか。 それ以前にも産後「骨盤矯正」はありましたが、最近のように一般的には知られていませんでした。 30年前くらいに雑誌やテレビに扱われるようになりちょっとずつ産後の骨盤矯正は普通の人にも知ってもらえるようになりました。

産後の骨盤は歪むの?


赤ちゃんを出産する時「骨盤」は、子供が通り抜けやすいように左右に広がります。 普段可動性のほとんど無い「骨盤」の仙腸関節は赤ちゃんを産むのが多少でも簡単になるようにホルモンで可動性が増し左右に広がります。 一番に左右の恥骨の間と坐骨の間が左右に広がります。 仙骨と腸骨の間の仙腸関節(せんちょうかんせつ)は動きますが広がったりはしません。 「骨盤」の骨盤の関節が柔軟性が増し始めるのは出産前からで、出産後もっとも大きく開きます。 少し広がった「骨盤」産後元通りになります。

骨盤は産後に歪む?


普通、産後「骨盤」は元の場所になります。 だがしかし、出産後元の位置に戻らず腰痛や肩こりなどを発現することがある。 どのように骨盤はズレるのでしょうか?

赤ちゃんによって歪む


妊娠中に赤ちゃんが少しずつ大きくなります。 大きくなった赤ちゃんによって骨盤が内側から押し広げられて骨盤がズレます。

生活習慣で歪む


毎日の生活で「骨盤」がズレるような癖がある。 元々「骨盤」がズレていれば、出産後にもそのズレが持続することがあります。 出産後骨盤は赤ちゃんの出産前の元の状態に戻るが、もともとの骨盤の状態が歪んでいれば、歪んだ状態になります。

出産後骨盤が元に戻らなかった場合


出産後に骨盤は元の状態に戻ろうとしますが、いくつかの要因で戻らず歪んだ状態になることがあります。 このような場合、痛みが出ることがある。 痛みが出る所は恥骨周辺の場合もありますが、腰に発症する場合もあります。

出産後の生活で骨盤が歪む


産後暫くは、骨盤の仙腸関節は緩んだ状態になっていたりします。 そのような時期に赤ちゃんの世話などで、変な姿勢でいる時間が長かったりすると、出産後「骨盤」が元に戻った後でも少しずつズレてしまう。

自分で行う一般的な産後の骨盤矯正


最近では、婦人科などでも骨盤のズレに対して「骨盤」を安定させるように圧迫する骨盤ベルトのようなものを使うようにすすめる場合もあるようです。 また、雑誌、テレビ、ネットなどで自分で骨盤の関節の歪みを治す骨盤体操も流布されるようになった。 婦人科で奨めているような骨盤ベルトは、「骨盤」を固定するように「骨盤」の仙腸関節を圧迫するだけです。 婦人科では、どのように骨盤が曲がっているかを検査することはない。 産後骨盤がズレていることを大前提に単純に圧迫してあげるだけなんです。 骨盤矯正体操は、柔軟などのエクササイズや骨盤にゴムを巻いて骨盤を動かしたりして骨盤を元の状態に戻そうとするものですが、自分の骨盤がどんなふうにズレているかを知る方法を教えてくれませんので自分の骨盤のズレの状態を知ることはできない。 柔軟や骨盤を動かす体操をしても自分自身の骨盤の状況を分かってなければ理想的な骨盤に調整するには、どちらの方向に動かしていいかわかりません。 自分自身の状況がわかっていないのにおこなう「骨盤矯正」の柔軟体操は、動かしている間に運よく正しい位置になってくれればいいとをいう「奇跡を願ってする神頼み」と同じようなものです。

産後のカイロプラクティックで行う骨盤矯正


背骨矯正の専門の治療であるカイロプラクティックは、骨盤矯正の専門家でもあります。 カイロプラクティック骨盤の歪みを検査して、骨盤のズレを理想的な状態に戻すように「骨盤」を治療する。 骨盤を良い状態に正すには、「骨盤」の曲がっている状態を知っておくことが大切です。 骨盤の状況を知らなければ、どのように骨盤を調整すれば元の骨盤に戻すことができるのか分からない。 前の述べた一般人が行う骨盤矯正では、「骨盤」の状態を考えずに矯正を行う為、最悪の場合歪みが大きく悪くなることもありえます。 このようなことは珍しいことではありません。 産後骨盤矯正を考えているのであれば、カイロプラクティックで治療するのが最もお奨めです。 また、エステの骨盤矯正は、個人的な印象ですが、「骨盤」の歪みがまったく無いのに大げさに「骨盤」が曲がっていると患者を不安にさせ必要の無い矯正を長期に渡って行う傾向がよくあるようにおもいます。 正直信用することのできないところもたくさんあるような気がします。

産後に骨盤矯正は必要?


昨今の「骨盤矯正」の宣伝を見ると、産後の骨盤矯正は必ずするべきだ言わんばかりの宣伝文句が目につきます。 「骨盤矯正」は産後必ずしなければならないのでしょうか?その答えは「NO」。 骨盤矯正がどうしても必要なくらい体に影響するのであれば、骨盤矯正ができなかった時代はどうだったんでしょうか?「骨盤矯正」が無かった時代でも問題なく人間は子供を産んでいました。 産後の「骨盤」の多くは、妊娠前の正常な状態に普通にもどります。 しかし、中には産後に骨盤が曲がってしまう人が少数ですがいます。 大多数の人達は、産後の「骨盤矯正」はいりません。 「骨盤矯正」が必要な場合は、産後なんらかの異常を感じた場合です。 産後の骨盤の歪みが気になるのであれば、しっかり検査をしてくれる「カイロプラクティック」に通いましょう。 まともなカイロプラクティックは、「太りやすくなる」「体形が崩れる」などと言って「骨盤矯正」を奨めることはありません。 まともなカイロプラクティックは、歪んでいない「骨盤」を曲がっていると言って必要のない骨盤矯正をすすめることはありません。 ほとんどの人は、産後の「骨盤矯正」は必要としないことを知っておいて下さい。

患者を不安にさせるトークをする治療院は要注意!


骨盤のズレをそのままにすると「下半身太りになる」「太りやすくなる」「体形が崩れる」など必要もないのに産後の「骨盤矯正」をすすめる治療院は一度良く考えてからにしてみて下さい。 出産後に「太ったり、体形が崩れる」のは骨盤が歪んだのが要因?これらの要因の大多数は骨盤ではなく日常の生活習慣です。 赤ちゃんができて生活習慣が変ると、体重が増えたりして体形が変わることは特別なことではありません。 しかし産後の骨盤矯正を売りにするエステや整体の治療院は、産後の体形の変化をすべて「骨盤」のズレのせいにし「「骨盤矯正」をすれば体形を戻せます」と広告するのです。 体形が崩れる原因が「骨盤」のズレであれば、骨盤の歪みを整えるだけで体形をもどすことができるはずですが、「骨盤矯正」だけで体形が元どうり戻る方達はわずかです。 その為、ダイエットサプリや筋トレやストレッチなどの運動も同時に処方しようとする所がおおく、骨盤矯正では体形は元にもどせないと自白しているのと同じことです。 骨盤矯正に過度の期待をすることは間違いです。 騙そうとする治療院やエステには気を付けて下さい。 浜松市西区、カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です