繧ョ繝・け繝ェ閻ー縺ョ豐サ逋・ 繧ョ繝・け繝ェ閻ー縺ョ豐サ逋ゅ€√き繧、繝ュ繝励Λ繧ッ繝・ぅ繝・け

「ぎっくり腰」


ぎっくり腰


いっぱんに、この病態すなわち、重量物を運ぼうとした時などに急に激しい腰痛が発症して立つことさえ困難になる事をぎっくり腰の通称をもって表します。一般医療ではぎっくり腰は、急性腰痛症といい腰の部分にいきなり痛みが発現する腰痛で筋肉の損傷・筋膜性炎症・関節捻挫などの症状をさします。急性の筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)のほか、腰椎椎間関節捻挫腰椎椎間板ヘルニアや仙腸関節性腰痛などのような病状が多いが、しばしばスプラング・バックでも同様の病態を発症する。発症要因等も多種多様であるが、主に運動不足や年齢などが考えられます。なお、腫瘍が原因で発生している場合は、夜間痛・安静時痛があるこことが多いので「ギックリ腰」のように損傷の原因を特定できることは少ない。また近頃では、要因を断定することができない腰痛を「非特異的腰痛」と呼びストレスの影響があるのではないかと言われている。

ぎっくり腰を予防するには?


予防としては、荷物などを運ぶ際に足場の良くない所で無理な姿勢で持つなどしないように気を付けることや重量物はできるだけ運ばずに済むように荷物の収納方法を常日頃から工夫しておくことも有効である。また、睡眠不足でかつ疲労ぎみの時に発生しやすく、そんな環境にならないように予防を講じるのもひとつの方法である。 可能ならば常日頃からちょっとした運動をして腰周りから背中にかけての筋肉全体が弱くならないようにすることがそこそこ効果的である。

ぎっくり腰の診断


一般の病院で行われる検査法では、おもに、MRIとレントゲンです。整形学検査をすることもありますが、最近ではMRIとレントゲンだけということが多いようです。「ぎっくり腰」は、レントゲンとMRIの診断を受けても原因は分からないと判断される事が以外におおく、それらの原因は、筋肉、骨折、脱臼や靱帯のひどい損傷でなければ、MRIとレントゲンなどの診断には写らないので、微妙な損傷に対してはレントゲンやMRIなどを受けても解らないということになってしまいます。ぎっくり腰でレントゲンやMRIなどの検査をやっても「骨には異常ありません」と言われるだけですね。

ぎっくり腰の治療


ぎっくり腰の発症初期の対処


突然起こるぎっくり腰の初期の対処は、安静にして患部を冷却することです。ぎっくり腰などのような急性腰痛の多くは、軟部組織の損傷を伴うことが多く、傷めてすぐに動かないことと冷却することが大事です。「ぎっくり腰」の中には痛みはあるものの動ける場合もあります。だが、「ぎっくり腰」の痛みは時間をかけてちょっとずつ悪化する場合が多く、我慢すれば仕事ができるからといって仕事をしてしまうと、後々症状がひどくなる一因になります。軟部組織(筋肉や靱帯)の損傷がある可能性が高いということを考慮してすぐに冷やすことで炎症を抑える効果があるといわれます。だが、冷やしても痛みが極端に減少することがない為、疼痛の減少を実感するほどのことはないようです。

痛み止めなど


一般的に「ぎっくり腰」では、痛み止めを出されます。痛み止めで「ぎっくり腰」の痛みを抑えて自然治癒を目指します。

痛み止めの湿布


湿布も病院で一般的に処方されます。しかし、「ぎっくり腰」みたいな急性腰痛では鎮痛剤の方が疼痛を軽くするにはいいみたいです。

注射


痛みがひどい時は、注射をします。痛み場所の局所的な麻酔と脊椎の神経に注射をするブロック注射があるのです。ブロック注射は痛みにとても効果的なことが多いかわりにときどき事故も発生しています。

コルセットなど


ちょっと動くだけで痛みを発するぎっくり腰に、腰を固定するコルセットはとても有効な対処法の一つです。腰部に負担が加わると腰部を刺激して疼痛が出るので、腰部を固定して動きを制限し患部の痛みを軽減します。

ぎっくり腰と整体の施術


病院などの一般の治療に加えてカイロプラクティックなどの民間療法も「ぎっくり腰」の治療として考えている方達もいるでしょう。カイロプラクティックで行う「ぎっくり腰」の施術とは、どのようなものでしょうか?カイロプラクティックというと関節をボキボキしている印象が強いと思います。カイロプラクティックとは、一般に背骨の歪みを調整して身体を整える手技療法です。「カイロプラクティックで治療をしたら帰る時には痛みは消えて普通に歩いて帰ることができた」とか「たった一度の治療で良くなった」などの話はよく聞きます。原則的に腰部を損傷している「ぎっくり腰」は、ボキボキするような大きな力を加える施術はしません。やさしく歪んだ椎骨を調整します。わずかな脊椎や骨盤の歪みでも腰周辺に激痛を発することがあります。この場合にはカイロプラクティックはとっても効果を発揮するようです。背骨のズレや骨盤の関節などこのわずかな関節のズレを調整することによって、疼痛がすぐによくなることがある。ただ、「ぎっくり腰」のような急性腰痛にたいしてボキボキするような強烈な治療をするカイロプラクティックにいくのは注意が必要です。中には、「ぎっくり腰」のような急性の腰痛に対し過激な施術をおこない悪くなる場合があります。良いカイロプラクティックは、急性の腰痛に対してどのようなときも過激な治療をおこなうことはありません。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック
2024年3月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : parakyapivara